チートプラグイン!人工知能を活用したVST「INTENSITY」のレビュー

こんにちは。DTM音楽研究家のイボGです。

今日は、人工知能のアルゴリズムを活用したエフェクトプラグインをご紹介します。

最近入手したばかりですが、ほぼ全てのプロジェクトで使用するほどお気に入りのプラグインです。

Ozoneなどのプラグインエフェクトや楽曲制作ツールなど、音楽制作にも徐々にAIの流れが来て、ワクワクしますね。

しばらく相棒になりそうなチート級のプラグインが、10月末までのお得なセールということで使用方法・サウンド・レビューなどをまとめました。

目次

Zynaptiq「INTENSITY」の概要・解説

まずは、 3分で操作方法・使用感が分かる動画を作成しました。

顔認識に用いられるAI技術を活用して、人間が認知しやすいサウンドに仕上げるという説明があるものの、中身は完全にブラックボックスですが、使用することでサウンドの容積(空間)が広がるような効果が得られます。

サウンドの印象としては、エンハンス系+イメージャー系といったところでしょうか。

製品概要

  • ドイツメーカー「Zynaptiq」
  • 顔認識のAIを応用した技術のマスタリング・プロセッサー
  • 基本的に2つのパラメーターで完結
  • 空間が広がりきらびやかになる効果

さいごに

チート級のプラグインが10月末日まで、60%オフというとてつもないセールを実施しています。

セールを滅多にやらないので、お得な価格で入手できるこの機会にぜひご検討ください!

購入はこちら(PLUGIN BOUTIQUEのサイト)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる