【VST解説】音にスパイスを!Waves「Smack Attack」の使い方と比較音源

今日はWavesのVSTプラグイン「Smack Attack」を紹介します。

このプラグインはトランジェントシェイパーと呼ばれる種類のプラグインで、サウンドのアタック部分やサステイン部分の波形を編集することで、音にパンチ感を与えたり、ソフトに抑えたりすることができます。

トランジェント
サウンドのアタック部分のこと。
立ち上がり速度を調整することで奥行き感が変わってくる。
アタック部分やリリース部分を調整できるエフェクトがある。

目次

Smack Attackでできること(概要)

プラグインの特徴が3分で分かる動画を作りました。

Smack Attackの使い方

では早速各パラメーターの動きを紹介いたします。

Wavesプラグインは簡単・効果大が魅力

各パラメーターの挙動

スクロールできます
パラメーター内容
波形画面の見方青:波形
緑:アタックコントロールが反応する閾値
黄:サステインコントロールが反応する閾値
橙:ゲイン量
Attackアタックのゲイン量
Sustainサステインのゲイン量
Sensitivityそれぞれのコントロールが反応する閾値(縦)の調整
Durationそれぞれのコントロールが反応する時間(横)の調整
Output出力レベルの調整
Mixエフェクトのかかり具合の調整
(Dry:Wetのブレンド量調整)
GuardLimit:リミッターのオン(-0.1dBfs)
Clip:クリッパーのオン(-0.1dBfs)

デモ音源

例えばドラムの音色選びの際、音自体は楽曲に合っているのに、余韻が無駄に長かったり、逆にとてもタイトで味気ない場合などがあります。

そんな時は遠慮なくこのプラグインを指して、調整をしてしまいましょう。

今回はスネアドラムの余韻を伸ばしたかったため、簡単に以下の設定で行いました。

オレンジの線がゲインを表しており、青の波形を見ると、アタック部を避けて余韻部分のみ持ち上げられていることが確認できます。

「Sustatin」ノブを+20に設定

今回のデモサウンドです。

大げさに調整していないので、よく聞かないと分かりにくいかもしれませんが、スネアの余韻(特にシャリシャリ音)が持ち上げられています。

個人的な使い方としては、ドラムトラックの奥行き感の調整に使用しています。

  1. 前に出しすぎている音を奥に
  2. 奥に隠れすぎている音を前に

公式動画と販売サイト

Youtubeに公式動画がありますので、掲載しておきます。

セール時には5,000円前後での購入も可能となります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる