【VST解説】伝説の名機を再現!Waves「API Collection」の使い方と概要について

はじめまして。DTM音楽研究家のイボGです。

今回のテーマ

今回はWavesのVSTプラグイン「API Collection」を紹介していきます。

このみ

ヴィンテージ機器のAPIシリーズをモデリングしたWavesのプラグイン。

APIは1960年代の名機コンソールで、APIは「アメリカ的なサウンド」、たいしてNeveは「イギリス的なサウンド」と言われることがありますが、これらの名機を再現したプラグインはWavesだけでなく各社からもリリースされています。

API Automated Process Inc.というレコーディング業界向け製品メーカー(アメリカニューヨーク州)

Wavesの場合は本家APIが公認しているため正式名称が使用されており、Wavesでは製品として3種類のプラグインを販売、更に、これらをバンドル製品としてまとめたものが「API Collection」という名称になります。

製品の特徴

  • API550は3バンドEQの550Aと、4バンドの550Bの2タイプを内蔵
  • 単品では定価33,000円、セール時で3,600円前後
  • API560は10バンドグラフィックイコライザー
  • 単品では定価33,000円、セール時で3,600円前後
  • API2500は独特のパンチ感とトーンを得られるダイナミクスプロセスツール
  • 単品では定価39,600円、セール時では4,300円前後
  • バンドル製品では定価79,200円、セール時で9,200円前後
ちびイボG

世界中のエンジニアが夢中になったAPIサウンド
がプラグインで使えるなんて凄いことなんだよね!

目次

概要・基本的な使い方

それではAPI Collectionの基本的な使い方を学んでいきます。

API Collectionの使い方を把握する

では早速各パラメーターの動きを紹介いたします。

<API550特徴>
●API独特のキャラクターの伝説的レシプロ・イコライザーを再現
●Q値が変動し、高ブーストの時は帯域幅を狭く、低ブーストの時は帯域幅を広く
●API550Aは各バンド5つの固定カットオフ周波数を持つ3バンドパラメトリックイコライザー
●API550Bは各バンド7つの固定カットオフ周波数を持つ4バンドパラメトリックイコライザー

<API560特徴>
●1967年に発売されたAPIモデリングし1オクターブ単位に分割された10バンドイコライザー
●Q値が変動し、高ブーストの時は帯域幅を狭く、低ブーストの時は帯域幅を広く
●他のデジタルイコライザーよりも大胆な処理が可能

<API2500特徴>
●API独特のパンチ感とトーンを得られるダイナミクスコントロールツール
●2つの独立したモノ・チャンネルとして動作させることが可能
●フィードバックとフィードフォワード制御
●3つのコンプレッションモード(Soft, Medium, Hard Knee)から選択可能

それぞれのデザイン

API550A
API550B
API560
API2500

各パラメーター

では早速各パラメーターの動きを紹介いたします。

API550

API550B

API560

API2500

公式動画と販売サイト

API Collectionについては、Youtubeでも日本語での解説動画が少なく、以下の動画は少しマニアックな内容となりますが、コンプレッションの挙動を波形レベルでモニタリングする内容となります。深く知りたい方は参考にしてみてください。

API2500

バンドル製品でもセール時には9,200円前後での購入も可能となります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる